読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もし『もしドラ』の著者・岩崎夏海氏が『もしドラ』の続編『もしイノ』を出してすぐ長崎に来たら②[iKi編]

全国1,000万人の『もしドラAmazon.co.jp』ファンの皆さん♪


「このブログは、絶対に読んだらあかん!」と言ってたのに、結構読まれているこのブログ♪
…まだ読んでない人 ↓コチラ↓ 絶・対・に・読・ん・だ・ら・あ・か・ん!

 

第2弾は、長崎・壱岐島に舞台を移します!

え?イヤまさか!…『壱岐』知らない?…て人はいないでしょうが…。
ま、念のため ↓コチラ↓ ご確認を。

壱岐観光ナビ http://www.ikikankou.com/wp/

 

旅のはじまりは、長崎空港から。
f:id:hiroshionizuka:20151217224755j:plainカッコいいでしょ?この写真。プロペラ機と夏海さんご夫妻♪ …オトコとオンナの背中が、語っています。


機材は、ORCオリエンタルエアブリッジ ボンバルディア社 DHC-8-201型。39人乗り。長崎空港壱岐空港間、わずか30分間のフライト。上昇して、シートベルト着用のサインが消えたかとおもえば、すぐ下降のアナウンスが!笑
ちなみに、鬼塚はコレで通勤してます~♪ 飛行機通勤だなんて、カッコいいでしょ?笑f:id:hiroshionizuka:20151217224804j:plain
…てなわけで、スグ到着!壱岐なう!

 

会場入りする前に、都会生まれ都会育ちの夏海さんにとって、なかなか観ることのできない“水平線に沈む夕日”を観に行くことに。
壱岐島の最高峰(と言っても、212.8㍍ですが…) 岳の辻へ!f:id:hiroshionizuka:20151217224836j:plainあ、逆光(汗)!…しきりに、夏海さん♪「空が近い!」と。f:id:hiroshionizuka:20151217225000j:plainうん。確かに!壱岐は、空も雲も、なにもかにも素晴らしい~♪ ←イヤ、これホント。


…当日は観ることができなかった、水平線に沈む夕日です。鬼塚の住まいから車で11分の絶景スポット 鬼の足跡 でパチリ。これは、秋に撮った写真。
もう、この夕日を観るだけのために、壱岐へ来てもイイほどです!長崎人であっても、こんな大パノラマ、なかなか観れんし。f:id:hiroshionizuka:20151219204307j:plainウットリ・・・・・。


さて、会場入りです。さー、本番本番(汗)!f:id:hiroshionizuka:20151219205057j:plain主催:岩永学園グループ長崎の専門学校|こころ医療福祉専門学校社会福祉法人壱心会 特別養護老人ホーム壱岐のこころ
ん?この名前を聞いてピンときたそこのあなた、スルドイッ!…そうです!鬼塚が副施設長を仰せつかっている法人・施設ですね。我々の強みである「教育」による地域貢献活動の一環として主催させていただきました。
共催:壱岐市立一支国博物館 素晴らしい会場のご提供、誠に有り難うございます!

まずは、壱岐のこころ 施設長 岡田高明より、主催者挨拶です。f:id:hiroshionizuka:20151217225044j:plain…て、ジツは鬼塚は舞台袖にいて、挨拶、聴けなかったんですけど(汗)!

第1部はもしドラ』を復習しよう!公開読書会f:id:hiroshionizuka:20151217225127j:plain読書会についての説明はココでは割愛しますが、今回、豪華登壇者の方々でした!カフェのオーナー、壱岐市役所職員、ケアマネジャー。…そして、壱岐に2校ある高校からは、なんと!現役の野球部のマネージャーが3人もッ!。しかも彼女たち、すでに中学校の時から『もしドラ』愛読者だったとのこと。
もしドラ』は中高生に読まれたってことは知っていましたが、リアル『もしドラ』世代の子達が公開読書会に参加してくれるなんて、超・感動でした!
f:id:hiroshionizuka:20151217225014j:plain楽屋で記念撮影。みんな、嬉しそうです♪ それぞれの立ち位置が、ちょっとオモロいですね。

そして第2部 来場者参加型トークライヴ
『もしイノ』のセールストークも交えつつ、会場からの「彼女が出来るにはどうしたらイイんでしょうか?」の難儀な問いに対しても当意即妙且つ真摯な夏海さんの回答に、会場は熱気と笑いとハッピーに包まれました!f:id:hiroshionizuka:20151217225141j:plainサスガ、社会生態学の天才・岩崎夏海の面目躍如!

…その甲斐あってか笑?終了後は、長蛇の列!f:id:hiroshionizuka:20151217225200j:plainお陰さまで、『もしイノ』『もしドラ[文庫版]』完売しました~♪f:id:hiroshionizuka:20151217225210j:plain
さらに嬉しいことに、読書会に興味を持ってくださった方、多数ッ!←ココ、重要。
アンケートによると、20名以上の方が「参加希望」のご回答。今後、ココ壱岐の地でも読書会が立ち上がりそうです~♪

来場者が帰られた後、地元メディアの囲み取材にも真摯な対応。f:id:hiroshionizuka:20151217225544j:plain後日、長崎新聞にも掲載していただきました。f:id:hiroshionizuka:20151222234005j:plain
さらに、コチラもご覧ください⇒壱岐市立一支国博物館【イベントリポート】紹介 http://www.iki-haku.jp/news2-2/news2.cgi?mode=view&no=835

夏海さん♪ そして、長崎・壱岐の皆さんのお陰で、素晴らしいイヴェントを催すことが出来ました!誠に有り難うございました!

 


ココからは、お・ま・け。その後、夏海さんご夫妻には、壱岐を堪能していただきました!f:id:hiroshionizuka:20151217225707j:plain壱岐といえば、まずはコレですな!壱岐麦焼酎発祥の島ですから。 WTO(世界貿易機関)に認められた「原産地」です。
f:id:hiroshionizuka:20151217225740j:plainイヤしかし、試飲、飲みまくりました~汗。試しに試した、夏海さん♪ 島内限定のレア焼酎をお買い上げ~☆


お次は、壱岐といえばパワースポット!その中でも一番人気の、誰が言ったか「壱岐モン・サン・ミッシェル」笑、小島神社 へ!
f:id:hiroshionizuka:20151217225811j:plainたまたま干潮だったので渡れましたが、満潮時、ココは海の底。サスガ、持ってますね。『もしイノ』大ヒット祈願もしました!


最後は、壱岐の冬の海と、夏海さん♪ …オトコの背中が、語っています。次回は、壱岐の夏の海が待ってまーす♪f:id:hiroshionizuka:20151217225822j:plain源氏山楼日記にも長崎の件、掲載されています。↓コチラ↓

genjiyamaro.hatenablog.com あ、源氏山楼とは、夏海さんの会社のことです。

f:id:hiroshionizuka:20151217225831j:plainそして、帰路へ。
夏海さん&よいこちゃん♪ 素晴らしい旅のお相伴にあずかり、誠に有り難うございました!

 


そ・し・て『も・し・イ・ノ』で・す!
鬼塚は何度も警告していますが…皆さん♪…フフ…この本だけは読んだらダメです。危険すぎます…フフ。f:id:hiroshionizuka:20151222215058j:plain

愛と憎しみの『もしイノ』…あなたの人生、どうなっても…知りませんよ!…フフ。





ま、どうしても気になる人は…↓コチラ↓ポチッどーぞー♪
って( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚;) フィッシング詐欺かッ!…フフ(汗)・・・・・。