感動のあまりおもわず書いてしまった繁盛店の秘密

#自らが変わる#世の中を変える。 day39
 
(注意)
結構シツコい文章なので、壱岐ラヴな人か焼酎好きな人以外は読まない方がイイかもです。
 
「繁盛店たらしめる所以」
…ともっともらしいタイトルつけてみた。笑

f:id:hiroshionizuka:20190828084242j:plain

隠れた名店・馬勝蔵♪ いつ行っても満席。予約はお早めに!
 
ココを訪れたのは、
約1ヵ月半前のこと。
 
馬肉を中心に構成された料理の見事さに驚愕。
さらに、
地元・熊本を中心に取り揃えられためくるめくお酒の数々。

f:id:hiroshionizuka:20190828084635j:plain

とにかくお酒の種類も豊富
なんと、
壱岐玄海酒造の壱岐ブルーがラインナップされていたのである!
 
他県の店舗において、
麦焼酎=大分産が席巻している現状で、
壱岐産の焼酎を見ることは極めてレアなことだ。

なので、
メニュー中段に鎮座し燦然と輝く壱岐ブルー歓喜したのは言うまでもない。

が!
メニューには、
ただ「壱岐ブルー」と銘柄が記載してあるだけ。
オイオイオイオイオイ。
思わず女将を呼びつけた。
 
壱岐の焼酎を取り扱ってくれていることに対し、
市長になりかわってお礼を述べた上で、
壱岐麦焼酎発祥の地ということをご存知でしたか?」と問うGTO
「申し訳ありません。存じ上げませんでした」と丁重にお答えくださった女将さん。
「ならばここに一言、麦焼酎発祥の地と加えるだけで消費もアップすると期待できますよ」と自分勝手なロジックを押し付けるGTO
「そうですね!」と嫌な顔一つせず仰る女将さん。
それから、1ヵ月半後の一昨日…

f:id:hiroshionizuka:20190828093327j:plain

今やミシュランにも掲載されている。ヤヴァい、ますます予約が取りにくくなる(汗)!
 
席に着くやいなや開いたメニュー。

f:id:hiroshionizuka:20190828085219j:plain

あぁっ!
「むぎ焼酎発祥の地 壱岐 壱岐ブルー」
 
思わず女将を呼びつけた。
変なおじさんのワガママを真摯に受け止めてちゃんとメニューを更新してくれたことに対し、
市長になりかわってお礼を述べたのは、
言うまでもない。

f:id:hiroshionizuka:20190828085423j:plain

メニュー左上から)馬かつ、激レア希少部位馬の上ミノ焼き、唐芋天、馬肉コロッケ、〆熊本ラーメン、〆自家製プリン
やっぱ伸びるお店や組織や個人は、
「素直」であることが絶対条件なんだなぁとかみしめながら美味すぎる馬かつをかみしめた、
晩夏の夜のハナシ。
 
 
馬肉料理 馬勝蔵
〒869-1235 熊本県菊池郡大津町大字室83
(JR豊肥線 肥後大津駅 徒歩5分)
電話: 096-294-0303
予約: hitosara.com

8月9日。長崎原爆祈念日。cogito, ergo sum.

8月9日。

74回目の、この日。

f:id:hiroshionizuka:20190810125740j:plain

被曝74周年 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典

f:id:hiroshionizuka:20190810124840j:plain

"被爆二世"である鬼塚は、遺族席に。心なしか、年々遺族席の参列者が減っている気がする。

長崎平和宣言
目を閉じて聴いてください。
幾千の人の手足がふきとび
腸わたが流れ出て
人の体にうじ虫がわいた
息ある者は肉親をさがしもとめて
死がいを見つけ そして焼いた
人間を焼く煙が立ちのぼり
罪なき人の血が流れて浦上川を赤くそめた
ケロイドだけを残してやっと戦争が終わった
だけど......
父も母も もういない
兄も妹ももどってはこない
人は忘れやすく弱いものだから
あやまちをくり返す
だけど......
このことだけは忘れてはならない
このことだけはくり返してはならない
どんなことがあっても......

 これは、1945年8月9日午前11時2分、17歳の時に原子爆弾により家族を失い、自らも大けがを負った女性がつづった詩です。自分だけではなく、世界の誰にも、二度とこ の経験をさせてはならない、という強い思いが、そこにはあります。
原爆は「人の手」によってつくられ、「人の上」に落とされました。だからこそ「人の意 志」によって、無くすことができます。そして、その意志が生まれる場所は、間違いなく、私たち一人ひとりの心の中です。
 今、核兵器を巡る世界情勢はとても危険な状況です。核兵器は役に立つと平然と公言する風潮が再びはびこり始め、アメリカは小型でより使いやすい核兵器の開発を打ち出しました。 ロシアは、新型核兵器の開発と配備を表明しました。そのうえ、冷戦時代の軍拡競争を終わらせた中距離核戦力(INF)全廃条約は否定され、戦略核兵器を削減する条約(新STA RT)の継続も危機に瀕しています。世界から核兵器をなくそうと積み重ねてきた人類の努力の成果が次々と壊され、核兵器が使われる危険性が高まっています。
 核兵器がもたらす生き地獄を「くり返してはならない」という被爆者の必死の思いが世界に届くことはないのでしょうか。
 そうではありません。国連にも、多くの国の政府や自治体にも、何よりも被爆者をはじめとする市民社会にも、同じ思いを持ち、声を上げている人たちは大勢います。
 そして、小さな声の集まりである市民社会の力は、これまでにも、世界を動かしてきまし た。1954年のビキニ環礁での水爆実験を機に世界中に広がった反核運動は、やがて核実験の禁止条約を生み出しました。一昨年の核兵器禁止条約の成立にも市民社会の力が大きな 役割を果たしました。私たち一人ひとりの力は、微力ではあっても、決して無力ではないのです。
 世界の市民社会の皆さんに呼びかけます。
 戦争体験や被爆体験を語り継ぎましょう。戦争が何をもたらしたのかを知ることは、平和をつくる大切な第一歩です。
 国を超えて人と人との間に信頼関係をつくり続けましょう。小さな信頼を積み重ねることは、国同士の不信感による戦争を防ぐ力にもなります。
 人の痛みがわかることの大切さを子どもたちに伝え続けましょう。それは子どもたちの心 に平和の種を植えることになります。
 平和のためにできることはたくさんあります。あきらめずに、そして無関心にならずに、地道に「平和の文化」を育て続けましょう。そして、核兵器はいらない、と声を上げましょう。それは、小さな私たち一人ひとりにできる大きな役割だと思います。
 すべての国のリーダーの皆さん。被爆地を訪れ、原子雲の下で何が起こったのかを見て、聴いて、感じてください。そして、核兵器がいかに非人道的な兵器なのか、心に焼き付けてください。
 核保有国のリーダーの皆さん。核不拡散条約(NPT)は、来年、成立からちょうど 50年を迎えます。核兵器をなくすことを約束し、その義務を負ったこの条約の意味を、すべての核保有国はもう一度思い出すべきです。特にアメリカとロシアには、核超大国の責任とし て、核兵器を大幅に削減する具体的道筋を、世界に示すことを求めます。
 日本政府に訴えます。日本は今、核兵器禁止条約に背を向けています。唯一の戦争被爆国の責任として、一刻も早く核兵器禁止条約に署名、批准してください。そのためにも朝鮮半島非 核化の動きを捉え、「核の傘」ではなく、「非核の傘」となる北東アジア非核兵器地帯の検討を 始めてください。そして何よりも「戦争をしない」という決意を込めた日本国憲法の平和の理念の堅持と、それを世界に広げるリーダーシップを発揮することを求めます。
 被爆者の平均年齢は既に82歳を超えています。日本政府には、高齢化する被爆者のさらなる援護の充実と、今も被爆者と認定されていない被爆体験者の救済を求めます。
 長崎は、核の被害を体験したまちとして、原発事故から8年が経過した今も放射能汚染の 影響で苦しんでいる福島の皆さんを変わらず応援していきます。
 原子爆弾で亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げ、長崎は広島とともに、そして平和 を築く力になりたいと思うすべての人たちと力を合わせて、核兵器廃絶と世界恒久平和の実 現に力を尽くし続けることをここに宣言します。

2019
年(令和元年)8月9日
長崎市長 田 上 富 久

 

Nagasaki Peace Declaration

Close Your Eyes and Listen

While thousands of arms and legs were torn off Intestines drooping out
Maggots swarming in bodies,
Those still breathing searched for loved ones And cremated the dead they found.

The smoke of burning corpses rose into the sky
And innocent blood stained the water of Urakami River.

Leaving only keloid scars, the war finally came to an end.

But
My mother and father are gone.
My brothers and sisters will never return.

People are weak and quick to forget;
They repeat the same mistakes again and again.

But
This one thing must never be forgotten. This one thing must never be repeated
Under any circumstances whatsoever...

This poem was written by a woman exposed to the Nagasaki atomic bombing at 11:02 a.m., August 9, 1945. Seventeen years old, she lost her family and suffered serious injuries. The poem expresses her fervent belief that no one else in the world should ever have to experience the same tragedy.

The atomic bombs were built by human hands and exploded over human heads. It follows that nuclear weapons can be eliminated by an act of human will and that the source of that will is, without question, the mind of each human being.

The present world situation involving nuclear weapons is extremely dangerous. The opinion that nuclear weapons are useful is once again gaining traction. The United States is developing smaller, more manageable nuclear weapons, and Russia has announced the development and deployment of new nuclear weaponry. Moreover, the Intermediate-Range Nuclear Forces (INF) Treaty that ended the cold war arms race is facing dissolution, just as the continuation of the Strategic Arms Reduction Treaty (New START) is imperiled. The achievements of humankind and the results of our longstanding efforts to rid the world of nuclear weapons are collapsing one after another, and the danger of a nuclear calamity is mounting.

Have the desperate appeals of the atomic bomb survivors, endeavoring to ensure that the living hell caused by nuclear weapons is never repeated,” failed to reach the ears of the world?

The answer is no. There are many people in the United Nations, in governments and municipalities, and especially in civil society groups including the atomic bomb survivors who share the same opinion and are speaking out.

As a collection of small voices, civil society groups have shown the power time and again to change the world. The testing of hydrogen bombs in the Bikini Atoll in 1954 stirred up a wave of protests that swept across the globe and resulted in the conclusion of test ban treaties. Similarly, the power of citizens movements played an important role in the conclusion of the

Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons in 2017. The power of a single individual is small but by no means weak.

I call out to civil society throughout the world.

Let us continue to discuss our experiences of war and the atomic bombings and pass the information on to future generations. Knowledge of the horror of war is an important first step to peace.

Let us continue to promote trust between people across country borders. The bridges of trust built by individuals will help to prevent the outbreak of war due to national conflicts.

Let us inform our children about the importance of understanding the pain of others. That will sow the seeds of peace in children’s hearts.

There are many things that we can do in the cause of peace. Let us avoid despair and indifference and continue to cultivate a culture of peace. Let us raise our voices and insist that nuclear weapons are unnecessary.

This is the big role that all of us can play, however small we may seem.

Leaders of the world. Visit the atomic-bombed cities and see, hear and feel what happened under the mushroom cloud. Imprint in your minds the inhumanity of nuclear weapons. Leaders of the nuclear states. The Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons (NPT) will reach its fifty-year milestone next year. All the nuclear states should recall the meaning of the treaty, which promises to eliminate nuclear weapons and compels each country to fulfill that duty. I appeal to the United States and Russia, in particular, to assume responsibility as nuclear superpowers by demonstrating to the world concrete ways to drastically reduce nuclear stockpiles.

I also appeal to the Japanese government. Japan has turned its back on the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons. As the only country in the world to have experienced the devastation caused by nuclear weapons, Japan must sign and ratify the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons as soon as possible. As a means to that end, I ask Japan to seize the trend toward denuclearization on the Korean Peninsula and to initiate efforts to make northeast Asia a nuclear-free zone where all countries coexist under, not a “nuclear umbrella,” but a “non-nuclear umbrella.” And above all, I ask the Japanese government touphold the spirit of “never resort to war” enshrined in the Japanese Constitution and to take the lead in disseminating that spirit around the world.

The average age of the atomic bomb survivors has exceeded 82. I ask the Japanese government to adopt further measures to support the aging survivors and take steps to assist the people who were exposed to the atomic bombings but are yet to be recognized as survivors.

As a city exposed to nuclear devastation, Nagasaki will continue to support the people of Fukushima, who are still struggling with radioactive contamination eight years after the nuclear power plant disaster.

My heartfelt thoughts go out to the people who perished in the atomic bombing, and I declareNagasaki’s determination, along with Hiroshima and people everywhere committed to peace, to strive relentlessly for the abolition of nuclear weapons and the realization of lasting world peace.

Tomihisa Taue Mayor of Nagasaki August 9, 2019 

 

 

田上富久長崎市長による、「長崎平和宣言」。

ここに、被爆者が書いた詩の引用は、史上初のことだ。

田上さんらしい、真摯な語りかけに、毎年心を打たれる。

f:id:hiroshionizuka:20190810124816j:plain

被爆者合唱「もう二度と」、児童合唱「子らのみ魂よ」、長崎純心女子高等学校合唱「千羽鶴」と、平和を祈る音楽に包まれるのも長崎の式典の特徴

今年の式典で、最も胸を打たれたのは、被爆者代表 山脇 佳朗さんによる「平和への誓い」でした。

平和への誓い

 1945年8月、アメリカが広島・長崎に原爆を投下し二十数万人の命が奪われました。私は当時11歳、爆心地から約2キロの自宅で被爆しました。

 母と4人の弟・妹は佐賀へ疎開していて難を免れましたが、父は爆心地から500メートルの工場で爆死していました。私たちは兄弟3人で焼け残りの木片を集めて焼け落ちた工場のそばで父の遺体を荼毘(だび)に付しました。しかし焼けていく遺体を見るに耐えきれず燃え上がる炎を見ながらその場を離れました。

 翌日、遺骨を拾いに行きました。でも遺体は半焼けで完全に焼けていたのは手足の一部だけでした。「せめて頭の骨だけでも拾って帰ろう」と兄が言い、火箸で頭の部分に触れたら頭蓋骨(ずがいこつ)は石こう細工を崩すように割れ白濁した半焼けの脳が流れ出したのです。兄は悲鳴を上げ火箸を捨てて逃げ出しました。

 私もその後を追って逃げ出したのです。私たちはこんな状態で父の遺体を見捨ててしまいました。原爆で火葬場も破壊されたため、家族や身内を亡くした人々は私たちと同じように無残な体験をしなければならなかったのです。

 それだけではありません。辛うじて生き残った人々は熱線による傷や放射能による後遺症に悩まされながら生きていかねばなりませんでした。

 私は原爆の被害を受けて二十数年後、急性肝炎、腎炎を発症し今なお治療を続けています。更に六十数年後には胃がんに侵され2008年、2010年にがんを摘出する手術を受けました。あの時、私と一緒に行動した兄と弟もがんに侵され治療を続けています。

 あれから74年、被爆者の私たちは多くの方々と「核兵器廃絶」を訴え続けてきました。また、60歳を過ぎて英語を独学で学び、2015年11月長崎で開催されたパグウォッシュ会議では世界の科学者に英語で「核兵器廃絶」に力を貸してくださいと訴えました。しかし、ロシア、アメリカなどの国々に今なお1万3880発もの核兵器保有されていると言われています。

 更にアメリカはロシアとの間に締結している中距離核戦力全廃条約からの離脱を宣言し、失効しました。2月にはトランプ政権になってから2回目の「臨界前核実験」を行ったと報じられています。これは「核兵器の廃絶」を願う人々の期待を裏切る行為です。

 被爆者は日を追うごとに亡くなっています。私はこの場で安倍総理にお願いしたい。

 被爆者が生きているうちに世界で唯一の被爆国として、あらゆる核保有国に「核兵器を無くそう」と働き掛けてください。この問題だけはアメリカに追従することなく核兵器に関する全ての分野で「核兵器廃絶」の毅然(きぜん)とした態度を示してください。もちろん、私も死ぬまで「核兵器廃絶」を訴え続けます。

 それが74年前、広島・長崎の原爆で失われた二十数万人の命、後遺症に苦しみながら生き残っている被爆者に報いる道だと思います。

 私は第二次世界大戦によって310万人の命を犠牲にした日本が、戦後に確立した「平和憲法」を守り続け、戦争や核兵器もない世界を実現する指導的な役割を果たせる国になってほしいと念願し「平和への誓い」と致します。

 Please lend us your strength to eliminate nuclear weapons from the face of the earth and make sure that Nagasaki is the last place on Earth to suffer an atomic bombing.Thank you.

(この世界から核兵器を廃絶し、長崎を最後の被爆地とするために皆さんの力を貸してください)

2019年8月9日

被爆者代表 山脇佳朗

 

f:id:hiroshionizuka:20190810124820j:plain

昭和44年8月3日に建設された、平和の泉

のどが渇いてたまりませんでした
水にはあぶらのようなものが
一面に浮いていました
どうしても水が欲しくて
とうとうあぶらの浮いたまま飲みました

―あの日のある少女の手記から―

 

 昭和20年8月9日原爆のため体内まで焼けただれた被爆者は「水を」「水を」とうめき叫びながら死んでいきました。

 その痛ましい霊に水を捧げて、めい福を祈り、あわせて世界恒久平和を祈念するため、核兵器禁止世界平和建設国民会議長崎市は、全国からの浄財を基として、ここに「平和の泉」を建設しました。

 今日ここを訪れてくださいましたあなたに、めい福を祈り、平和を祈念していただければ誠に幸いと存じます。

長崎市長

 


被爆74周年 長崎原爆犠牲者慰霊 平和祈念式典

 

蛇足。

ナガサキする」俗語なんて、ホントに通じるものなのか、甚だ疑問。

www.nishinippon.co.jp

 

閑話休題

f:id:hiroshionizuka:20190810173532j:plain

式典終了後、約70㎞離れた、西有家へむかった。

f:id:hiroshionizuka:20190810173751j:plain

墓参り。

 

我々は、今日も生きている。

実存している。

 

ならばこの日この時こそ、

自分はなぜここに在るのか?

熟慮する、佳き機会としたい。

 

深謝〜☆

Mountain-Book-Twenty-Three!

タイトルの謎!

 

…チョーシにのって第二弾。笑

またまた人の名前です。

 

ヒント。

もののけ姫

f:id:hiroshionizuka:20190721182739j:plain

重苦しいような湿度感まで伝わってくる素晴らしい…あ!名前書いてあるし!↑ココ↑

 

そう。

長崎・五島が生んだアニメーション映画・美術家

 

山 Mountain

本 Book

二 Twenty-

三 Three

 

(やまもと・にぞう)さんです。

 

ジツは、

令和元年 7月20日〜 9月16日の期間、壱岐市一支国美術館において、「山本二三展」が催されているのです。なう!

this.kiji.is

 

しかも今日は、ご本人による「製作実演」講座ということで、その筆さばきを間近に見ることができる滅多にない機会!

 

未来少年コナン』『天空の城ラピュタ』『火垂るの墓』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』そして、『時をかける少女』の大ファン・鬼塚としては、行かない理由がどこにもない!笑

 

f:id:hiroshionizuka:20190721182655j:plain

開始1時間30分前からの整理券配布には長蛇の列が!こんなんはじめて見た(汗)!

 

会場キャパ180席中、整理券番号138番を無事ゲットして安堵した鬼塚は、併設のカフェでランチ♪

 

f:id:hiroshionizuka:20190721182729j:plain

今夏一番のショーゲキ!人面石超長寿おにぎり…ビジュアル的に映えすぎる(汗)!しかも今日の日に相応しく、ジブリ映画に出てきそうなキャラ。笑

f:id:hiroshionizuka:20190721182734j:plain

いきこくパスタナポリタン♪ 500円は安い。

 

そして、いよいよ。

 

f:id:hiroshionizuka:20190721182726j:plain

当然満席! 会場に入れなかった40〜50人の人たちには隣室で同時中継を行うという素晴らしいサービス。 夏休み期間とはいえ、スゴい集客力です。

 

ヘッドセットを装着した二三さんがインタヴューに答えながら絵を描き、

その手許をステージ上のスクリーンに映し出すという、素晴らしいエンターテインメント♪

その筆致やお話しぶりに、二三さんのお人柄が滲み出るという、感動的なステージ。

 

さらに、インタヴュアー役、博物館の松嶋麻美さん♪ グッジョブでした!

 

f:id:hiroshionizuka:20190721182752j:plain

ものの30分ほどで描き上げられた作品はステージ上に。参加者皆がその美しさに感動!

 

その作品が、コ・レ・だ!

ファン垂涎の、二三雲(にぞうぐも)♪

しかも、この絵…

 

f:id:hiroshionizuka:20190721182712j:plain

壱岐・大浜♪

 

5日前から壱岐入りし各地を取材したり釣りしたり満喫して、大浜を選ばれたとのこと。

二三さん、2ヶ月前にも来島されてて、その時は乙島を選ばれてました。サスガお目が高いですなぁ。

その乙島の風景は、ポストカードやクリアファイルとして製品化され販売されています。

 

↓ココ↓で。

f:id:hiroshionizuka:20190721182720j:plain

特別講座終了後もグッズを買い求める人の長蛇の列が。

 

さて、冒頭の背景画。

言わずと知れた、『もののけ姫』シシ神の森をバックに写真が撮れるというスポットも博物館内に。

 

f:id:hiroshionizuka:20190721182743j:plain

パチリ♪

 

こうなるとやはり、二三さんの生まれ故郷・五島に建つ美術館にも無性に行ってみたくなりますな。

www.goto-yamamoto-nizo-museum.com


帰宅後。

懐かしくもエポックメイキングな名作『未来少年コナン』を無性に観たくなり、Netflixで。

 

f:id:hiroshionizuka:20190721223246j:plain

エンドロールに、お名前が。

モチロン、おやつはコ・レ・だ!

 

f:id:hiroshionizuka:20190721223238j:plain

鬼塚のイチ推し、人面石クッキー♪

 

ってことで、楽しい夏休みは、ゼヒ壱岐へ〜☆

www.iki-haku.jp

Gold-Chestnut-Forty-Three!

タイトルの謎!

 

…というほどではありませぬが、

タイトルの意味わかりますか?

ヒント。

人の名前です。

 

さらにヒント。

f:id:hiroshionizuka:20190721032413j:plain

この人にちなんだ建物のトイレサイン。しかしこんなんはじめて見た(汗)!

もうオワカリですよね?ニヤリ

 

↓コレ↓観ているあなたになら。

www.nhk.or.jp

 

そう。

NHK大河ドラマ史上最低の評価(視聴率)を得てる、←コレには言いたいことが山ほどありますが怒

『いだてん』主人公の一人で中村勘九郎さん演じる

 

金 Gold

栗 Chestnut

四 Forty-

三 Three

(かなくり・しそう)です。

 

あれ?栗ってマロンじゃないの?とおもったそこのあなた!

日本の間違った英語教育の立派な犠牲者です。笑

ま、それはともかく。

f:id:hiroshionizuka:20190721232716j:plain

"Forty-Three"は、劇中でも大森アニーに実際言われてたので、鬼塚のおやじギャクではない。笑


冒頭のトイレのサイン。

金栗さん、グリコのマークのモデルともなっているらしく。

f:id:hiroshionizuka:20190721112104j:plain

二代目グリコマーク。コレこそ、金栗四三だそうな。

 

行ってきました、金栗四三ミュージアム

f:id:hiroshionizuka:20190721032407j:plain

特設マラソン足袋ソファ、だそうな。ちょっとコレの意図がわかりませぬが。笑

一言であらわすと…


#とつけむにゃー(汗)!

 

f:id:hiroshionizuka:20190721032401j:plain

ラッピングバス!

f:id:hiroshionizuka:20190721032416j:plain

駅の構内にも。その「金」「栗」ウェア、売ってないのか探しましたが商品化されておらず、ザンネン(汗)!

f:id:hiroshionizuka:20190721032410j:plain

体力 氣力 努力

f:id:hiroshionizuka:20190721032419j:plain

お墓参りもさせていただきました!ココにもやはり「体力 氣力 努力」

…と、ココまで書いたところで、そう言えば、筑波に行ったことを思い出した!

f:id:hiroshionizuka:20190721184834j:plain

開催場所:筑波大学サテライトオフィスつくば市交流サロン

f:id:hiroshionizuka:20190721184827j:plain

羽田予選会で世界新記録を樹立した時に(撮影で)履いていた、足袋♪←途中穴が開いて脱ぎ捨てられてしまいますが笑

f:id:hiroshionizuka:20190721184837j:plain

熱演・中村勘九郎♪ コレは、ストックホルムオリンピック出場時(撮影で)のウェアですね。

f:id:hiroshionizuka:20190721184831j:plain

コレだ!『いだてん』第1話、世界新記録を樹立した時(撮影で)の、ウェア♪

そして、

かの有名な写真…

f:id:hiroshionizuka:20190721032422j:plain

羽田予選会の優勝カップを携えての記念撮影、ホンモノ・金栗四三さん♪

f:id:hiroshionizuka:20190721032358j:plain

…と、同じポーズで、パチリ♪ 共通点は、アタマのみ。笑

ってコトで、

大河ドラマフリークの鬼塚イチ押し!

『いだてん』It’s so cool. You should check it out!

ザ・水素水!

ココだけの話。

ジツは最近、

習慣づけていることがあって…

 

それは、

水素水を飲むってことです。

f:id:hiroshionizuka:20190721020407j:plain

ボトルの中に浮かんでいるカプセルが水素を生成してくれるそうです。

水素水には、抗酸化作用や、炎症、アレルギーを抑えたり、我々中年には気になる脂質代謝の改善などが期待できると薦められて、はじめました。

ま、水分は良く摂る方だし、同じ摂るならプラスαで摂ってみよかな?程度のカルーい気分で。

f:id:hiroshionizuka:20190721020904j:plain

いついかなる時も携帯。

「まず、すぐ便が変わりますよ。」

と言われてたとおり、

色も匂いも変わりました。

f:id:hiroshionizuka:20190721021301j:plain

飲み方は15分おきに、2・3滴チュッチュっと。

劇的に体質が変わった!

というワケじゃないのですが、

志事柄、

健康とか介護予防とか認知症とかに良さそうなことは、

まずは何でもやってみようかなと。

 

ま、コレも生活習慣ってことで、

絶賛継続中〜♪

Basic Incomeのユーウツ…

まずはじめにハッキリ言っておきますが、きたるべき新しい知識社会の基盤は、

Basic Income(以下、BI)が創る!

と信じて疑わない鬼塚です。

…そう。愛すべき国フィンランドが諦めてしまった今となっても。

f:id:hiroshionizuka:20190720022325j:plain

鬼塚の定宿、北極圏の街・Saariselkä♪

 

おさらいベーシックインカム

  1. 国がすべての人に無条件で生活を営むのに必要最低限の現金を支給する社会保障制度
  2. 周期的に支給
  3. 世帯単位ではなく、個人単位に支給
  4. 現物やサービスではなく現金支給
  5. 収入調査などなく、すべての人に同額支給
  6. 働いていようと無職であろうと、無条件で支給

 うーむ、ますます新時代に相応しい。

 

我々が注目すべきは、2017年1月から2018年12月までの2年間、フィンランドにおいて行われたBIの試験運用。

政府が無作為に抽出された2,000人の失業者に対して、他に収入源があろうとも、積極的に就活していようとも、無条件に毎月560ユーロが支払われた。

日本円にして70,000円ちょいってとこですね。

…しかしひと月コレで生活するのは、やっぱキツい(汗)!

 

フィンランド社会保険庁Kelaが発表した2017年度(施行1年目)の調査結果によると、

  1. BI導入による、雇用状況の改善はみられなかった。
  2. 不安視されたBI導入による勤労意欲の低下はみられなかった。
  3. 幸福度の調査では、「健康状態」「ストレス」「就活」等の点で、BI受給者の幸福度に良い影響を及ぼしている。

Reference Source:

https://www.kela.fi/web/en/news-archive/-/asset_publisher/lN08GY2nIrZo/content/preliminary-results-of-the-basic-income-experiment-self-perceived-wellbeing-improved-during-the-first-year-no-effects-on-employment

 

結果としては、そう悪くはなさそうだし、2018年度(施行2年目)調査結果は来年2020年まで待たなければならない。

…にも関わらず、フィンランド政府は早々にBI制度打ち切りを決め、他の方法を用いて社会保障制度改革を行う方針とのこと。

ちょ、待てよ(汗)!

 

そこで、BIに替わる仕組みとして検討されているのが、「ユニバーサル・クレジット」や「負の所得税」という低所得層向けの制度。

BIは、財源や費用対効果(特に貧困格差)がモンダイらしいが、フィンランド政府はどう評価するのか?

その評価結果は、世界にどのような影響を及ぼすのか?

 

f:id:hiroshionizuka:20190720023657j:plain

雪のない期間、クロスカントリーの選手たちの体力維持・強化トレーニングとしてここフィンランドにおいて創造されたノルディックウォーキングが、「最もヘルシーなスポーツ」として世界中に拡まったことは、まさにイノベーション

スポーツと社会保障制度を同列に語るのはナンセンスかもしれないが、共にフィンランド発のノルディックウォーキングとBI。

 

やはり、きたるべき新しい知識社会の基盤は、

Basic Incomeが創る!

どこかに解決の糸口が、イノベーションの種があるはずだと信じて疑わない鬼塚であった。

 

Reference Source:

basicincome.org

 

未来は今日始まる。明日始まるのではない。

"The future starts today, not tomorrow." -Ioannes Paulus PP. II

f:id:hiroshionizuka:20190712100657j:plain

長崎が誇る国宝・大浦天主堂に建つ、聖ヨハネ・パウロⅡ世教皇の胸像♪

 

敬愛なる皆さん♪

 

本年4月1日より、

当ブログやSNS等において、

「#newlife,#newjourney」

「新しい生活・新しい人生の旅」を標榜し活動してまいりました。

 

今般、

お陰さまで、

"day100"を迎えることが出来ました!

 

…ってことは、

鬼塚にとっての、

「ハネムーン期間」が終了したってことです。

「ハネムーン期間」とは?

フリー百科事典Wikipediaによると…
ネムーン期間(ハネムーンきかん)とは、近代の民主主義政治において、政権交代後の新政権の最初の100日間のことを指す。
発足直後の新政権は一般的に高い支持率を示す傾向があり、新政権の最初の100日と国民マスメディアの関係を新婚期(蜜月)の夫婦になぞらえて名付けられた。
アメリカ合衆国
では報道機関のみならず野党も、この100日間は新政権に対する批判や性急な評価を避ける紳士協定がある。


すなわち、

"day100"=「ハネムーン期間」と解釈して、

101日目よりリ・スタートしますよ。

…ってことです。

まさにこれからが、

成果と真価を問われる挑戦の日々となるわけです。

 

ところで先日、

徳島・祖谷地区において合宿をしました。

そう、

お馴染み、

SUNドラ♪  第5回徳島夏の陣です。

 

その際、

「あなた(の組織)は、何によって憶えられたいか?換言すると「志」は何か?それらは、修正すべきか?なぜ修正しなくてはならないのか?」

という問いに対し、

参加者が互いに議論し合うという有意義な時間を過ごしました。

 

その問いに対する、

鬼塚の回答は次のとおり。

 

一般社団法人 我見る,ゆえに我あり

ミッション・社是

「志を遂げよ。」

我々の事業に関わるすべての人たちの志(自己実現)を遂げる!

という未来への強い決意と挑戦を顕しています。

We are deeply grateful to you, our customer and supporters, follow travelers on the journey to organizational self-discovery.

 

鬼塚 裕司

志…マジ変えましたよ。

「自らが変わる、世の中を変える。」

来るべき新しい明日の知識社会を創っていくのは、我々の組織とチームである。

それにはまず自らが変わること。変化の先頭に立つこと。

"我"(執)を廃棄し、

"我々"のチーム・コミュニティ・社会における実践と成果を追求します。

What endures from the work of nonprofits is not how hard we try or how clever we may be or even how much we care. Hard work is indispensable to success, of course, in this as in any other field, intelligence is prized in our sector as in all others involving intellectual endeavor, and caring is what has drawn the best people into this line of work. But ultimately what is remembered is how we have been able to improve lives.

 

思い起こせば、

「変」わってる。

「変」な人。

「変」態。

…って昔っからよく言われてたもんなぁ。笑

ここまできたらもう「変」=「強み」なんだろなとミョーに納得する今日この頃。

 

101日目。

ヨハネ・パウロⅡ世教皇の有難きお言葉を胸に刻み込み、

リ・スタートします!

「未来は今日始まる。明日始まるのではない。」

壱岐には知られざる秘境があることをあなたはまだ知らない。

今日は、

鬼塚もまだ足を踏み入れていない壱岐の秘境へ、

GO!

 

壱岐郷ノ浦港…ではなく、

渡良浦(わたらうら)港より、

三島(大島・長島・原島)うち、

大島と長島を目指します!

さぁ、

39分間の小旅行へ、

GO!

f:id:hiroshionizuka:20190505141004j:image

 

フェリーみしま専用桟橋♪

字がなんか可愛くない?

f:id:hiroshionizuka:20190505141110j:image

 

フェリー着岸→乗船→離岸までかなり素早い!汗

f:id:hiroshionizuka:20190505141239j:image

 

小ぶりな船体ですが、

なんとクルマも乗ります!

f:id:hiroshionizuka:20190505141419j:image

 

船室は、

2階建。

f:id:hiroshionizuka:20190505141521j:image

 

1階客室は、

こんなカンジ。

f:id:hiroshionizuka:20190505141603j:image

 

ちょっと外に。

海から見る壱岐のシンボル・岳の辻♪

f:id:hiroshionizuka:20190505141843j:image

 

進行方向に見えてきた今日の目的地♪

左が長島。

右が大島。

上陸後、

中央に見える、

両島をつなぐ珊瑚大橋を歩いて渡ります。

f:id:hiroshionizuka:20190505142231j:image

 

無事、

大島港に着岸。

帰り便、

16:00発が最終便なので、

乗り遅れんように。笑

f:id:hiroshionizuka:20190505142755j:image

 

待合所、

完備です。

f:id:hiroshionizuka:20190505143029j:image

 

壁には、

大島観光MAPが。

まずは、

大島海水浴場へ!

f:id:hiroshionizuka:20190505143136j:image

 

歩くこと(途中何も目印や案内がなくって迷いに迷った時間は除く汗)…15分。

壱岐の人が誰もが言う、

壱岐の海水浴場で最も美しいビーチ」着いた!

f:id:hiroshionizuka:20190505143848j:image

この突堤を中心に、

ツインズビーチ〜♪

 

ビーチから見える、

岳の辻♪

あ、

九州郵船のフェリーがちょうど。

お、

ウチも見える!

…はず。

f:id:hiroshionizuka:20190505144119j:image

 

さて、

ココから一気に、

お隣の島・長島へ!

みしま小学校を通って…

f:id:hiroshionizuka:20190505144527j:image

 

牛!

写真奥に仔牛がいたので、

思いっきり威嚇されました!汗

f:id:hiroshionizuka:20190505144718j:image

 

珊瑚大橋より、

ノルディックウォーキングポール越しに、

郷ノ浦大橋と岳の辻をのぞむ。

お、

ウチも見える!

…はず。

なぜならば、

ウチからこの珊瑚大橋見えるからね。

しかも、

ココもウチも同じ郷ノ浦町内だし。

f:id:hiroshionizuka:20190505145055j:image

 

しかし、

ナゼこの色?

橋の逆側(外海側)はまったくこんなじゃないのに。

誰か知っている人、

教えてください〜☆

ちなみに、

同じエメラルドグリーンの海・辰の島の船長さんは、

「知らん!笑」と。笑

f:id:hiroshionizuka:20190505145323j:image

 

折り返し地点、

長島港待合所と、

長嶋神社♪

f:id:hiroshionizuka:20190505145539j:image
f:id:hiroshionizuka:20190505145548j:image
f:id:hiroshionizuka:20190505145543j:image

 

それから大島に戻って、

大島神社

…ココ雰囲気あるなぁ。

f:id:hiroshionizuka:20190505145732j:image
f:id:hiroshionizuka:20190505145736j:image

 

そして無事、

壱岐(勝本)へ戻って、

カンパーイ♪

f:id:hiroshionizuka:20190505145901j:image

 

郷ノ浦港・渡良港から、

なんと1日4便も就航しています!

f:id:hiroshionizuka:20190505150202j:image

 

運賃は、

三島〜渡良港だと、

片道360円。

島民割引で、

160円!

f:id:hiroshionizuka:20190505150334j:image

 

如何ですか?

行きたくなったでしょ?

ゼヒ〜☆

 

あ、

今年度の「たんがるディックウォーキング倶楽部」の新コースに入るかもです。

ボランティア参加も、

ゼヒゼヒ〜☆