Nagasaki Peace Declaration

Tomihisa Taue Mayor of Nagasaki August 9, 2018

f:id:hiroshionizuka:20180811033201j:image

It was on this day 73 years ago, at 11:02 a.m. on August 9. The explosion of a single atomic bomb in the blue summer sky reduced the city of Nagasaki to a horrific state. Humans, animals, plants, trees and all other forms of life were scorched to ashes. Countless corpses lay scattered all around the annihilated streets. The corpses of people who had exhausted themselves searching for water bobbed up and down in the rivers, drifting until they reached the estuaries. 150,000 people were killed or wounded and those who somehow managed to survive suffered severe mental and physical wounds. To this day they continue to be afflicted by the aftereffects of radiation exposure.

 

Atomic bombs are cruel weapons that mercilessly take away from humans the dignity to live in a humane manner.

 

In 1946, the newly-founded United Nations made the elimination of nuclear weapons and other weapons of mass destruction the first resolution of its General Assembly. The Constitution of Japan, which was issued that same year, set pacifism as one of its unwavering pillars. These were strong expressions of determination to see that the tragedy of the atomic bombings experienced by Hiroshima and Nagasaki, along with the war that brought them on, would never be repeated. The fulfillment of this resolve was then entrusted to the future.

 

Continuous efforts to realize this resolve made by countries and individuals, most prominently the atomic bombing survivors, bore fruit last year when the United Nations adopted the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons. Furthermore, the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons (also known as ICAN), which greatly contributed to efforts that led to the adoption of this treaty, was then awarded the Nobel Peace Prize. These two developments are proof that the majority of people on this earth continue to seek the realization of a world free of nuclear weapons.

 

Even now, however, 73 years after the end of World War II, some 14,450 nuclear warheads exist in the world. Moreover, to the great concern of those in the atomic-bombed cities, a shift towards openly asserting that nuclear weapons are necessary and that their use could lead to increased military might is once again on the rise.

 

I hereby appeal to the leaders of nuclear-armed nations and nations dependent on the nuclear umbrella. Please do not forget the resolve of the first United Nations General Assembly Resolution to work towards the elimination of nuclear weapons. In addition, please fulfill the pledge made to the world 50 years ago in the Treaty on the Non-Proliferation of Nuclear Weapons (or NPT) to pursue nuclear disarmament in good faith. I strongly request that you change to security policies not dependent on nuclear weapons before humanity once again commits a mistake that would create even more atomic bombing victims.

 

To the people of the world, please demand that the governments and parliaments in your countries sign and ratify the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons in order to see that this treaty comes into effect at the earliest possible date.

 

The Government of Japan has taken the position of not signing the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons. In response to this, more than 300 local assemblies have voiced their desire to see this treaty signed and ratified. I hereby ask that the Government of Japan, the only country to have suffered from the wartime use of nuclear weapons, support the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons and fulfill its moral obligation to lead the world towards denuclearization.

 

Currently, a new movement towards peace and denuclearization on the Korean Peninsula has emerged. We in the atomic-bombed cities watch this development attentively and have great expectations that persistent diplomatic efforts, as initiated with the Panmunjom Declaration by the leaders of North and South Korea and the first ever United States-North Korea Summit, will lead to the realization of irreversible denuclearization. I hope that the Japanese government will make use of this great opportunity to work towards the realization of a Northeast Asia Nuclear-Weapons-Free Zone that would see Japan and the entire Korean Peninsula denuclearized.

 

Last year, two of the hibakusha, or atomic bombing survivors, who led the anti-nuclear-weapons movement in Nagasaki for many years passed away in quick succession. One was Mr. Hideo Tsuchiyama, who had this to say about the leaders of countries that rely on nuclear weapons. “Your possession of nuclear weapons, or attempts to possess such weapons, is nothing to boast of. Rather, you should know that it is something shameful that risks making you perpetrators of crimes against humanity.” The second of these hibakusha, Mr. Sumiteru Taniguchi, spoke the following words. “Human beings and nuclear weapons cannot co-exist. The suffering we went through is more than enough. For people to truly live as human beings, we cannot allow a single nuclear weapon to remain on the face of the earth.” These two people harbored great worries that those who have never experienced war or atomic bombings might head down mistaken paths. With their passing, I feel anew the need to pass on to the next generation the war-renouncing message included in the Constitution of Japan.

 

There are many things that each and every one of us can do to help bring about the realization of a peaceful world. One is to visit the atomic-bombed cities in order to learn about history and the fearfulness of nuclear weapons. It is also important to listen to accounts of the wartime experiences of those in your own towns. While the experiences themselves are not things that can be shared, feelings of appreciation for peace may be shared by all. The campaign to collect ten-thousand signatures in support of the abolition of nuclear weapons, a project that originated in Nagasaki, started with a proposal made by high school students. The ideas and actions of the young generation have the power to create new movements. There are also people who continue to fold paper cranes and send them to the atomic-bombed cities. Through exchanges between people from different cultures and traditions we deepen our mutual understanding, which in turn can lead to peace. We can also make expressions of peace through our favorite music or sport. The foundations of peace are most certainly formed in civil society. Let us use the power of the civil society to spread throughout the world a culture of peace instead of one of war.

 

Seven years have now passed since the nuclear power plant accident that followed the Great East Japan Earthquake, yet the people of Fukushima are still suffering from the effects of radiation. Nagasaki continues to offer support to all those in Fukushima who are persevering with efforts aimed at rebuilding.

 

The average age of the hibakusha is now over 82. I ask that the Government of Japan improve efforts to provide support for survivors still suffering from the aftereffects of the bombings, and offer relief as soon as possible for those who experienced the bombings but have yet to receive official recognition as such.

 

While offering our heartfelt condolences to those who lost their lives in the atomic bombings, we citizens of Nagasaki hereby declare that we will continue to work tirelessly with people around the world to bring about everlasting peace and the realization of a world free of nuclear weapons.

f:id:hiroshionizuka:20180811034253j:image

The holy cross in the blue summer sky.

#the73rd
#nagasakipeaceceremony

 

 

 

優吾♪ ミライを創れッ!

鬼塚にとってほぼ甥、優吾♪

以前、↓ブログで紹介したとき↓ 三年生だった彼もいまや、六年生。

hiroshionizuka.hatenablog.com

 

まさに、

光陰如矢、時不待人。

 

…その間、鬼塚はマッタク成長していないが、優吾は着実に成長・進化を遂げている。

 

昨年度、すなわち彼が五年生の時、

八王子市の事業 平成29年度子どもミライフォーラム「子ども☆ミライ会議」へ学校を代表して企画委員として参加していた。

www.youtube.com

2:40〜インタヴューに応答しているのが、優吾♪

 

このプロセスを経て、フィナーレ「子どもミライフォーラム」の場で、彼が代表して提言を発表。

その提言が秀逸すぎて、こりゃ記しとかなあかん!と書いたのが、このブログってワケ。

さて、その提言とは…

 

◯提言2「犯罪がなく、市民全員が安心して暮らせるまち」

 犯罪がなく、子どもが安心して暮らせるまちになるような手立てが必要です。

不安な環境だと子どもが地域に自由に出ていき、地域の大人と交流することができません。そのために僕たちは、地域の危険なところを知り、それを地域の人に伝えるため、パトロールや皆さんへの呼びかけに地域のおとなと一緒に取り組みます。

 また、段差をなくしてスロープにしたり、ユニバーサルデザインバリアフリーに特化した施設を増やしたりするなど、子どもから高齢者までが住みやすい環境を作るとともに、顔を知り合い、お互いに交流できる市民の憩いの場をもっと増やしてほしいと思います。実現できれば、八王子は犯罪がなく、市民全員が安心安全に暮らせるようになります。犯罪をゼロにすることはとても難しいですが、少なくしていくことが大切です。

 また、市民全員が安全に暮らせる環境を作るには、危険を知ることだけでなく、街灯を多くして暗い場所を少なくしたり、防犯カメラをたくさん設置したりと犯罪が起きにくい環境を作ることも大切です。そして、特に、子どもと高齢者が安心できる環境は、確保しなければいけません。

 子どもであれば、児童館など、自分にとって安心できる居場所を作り、高齢者であれば、しっかりと管理された高齢者施設を作ることが安心につながります。

 東京オリンピックまでには、これらのことを多く実現させ、犯罪を今より少なくし、八王子市民はもちろん、外国や市外からの観光客の人たちが、安心してもらえるような環境である、八王子にして、多くの人に八王子の魅力を発信していけたらいいと思います。

( ̄ー ̄)bグッジョブ!

ほぼ甥としてはモチロン、ミライのニッポンを共に創る仲間として、誇らしい〜♪

f:id:hiroshionizuka:20180501200013j:plain

左)ゆうちゃん 右)あっちゃん 絶賛爆睡中にパチリ

それにしても、寝相スゴいね!

Legendaryな寝相だけは、間違いなく鬼塚の血、引いてます。笑

松尾くん家にキタ━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━‼︎

 

表札にも…「松尾」

よーしココだ。松尾くん家だ。

 

「おーい松尾くーん♪」

f:id:hiroshionizuka:20180414022926j:plain

あれ?留守かな…?

裏にまわってみよ。

 

ん?石碑が…

「古里や 臍のをに泣(なく) としのくれ」 

f:id:hiroshionizuka:20180414022952j:plain

句意「年の暮に年老いた兄妹のいる故郷の生家に帰り、自分のへその緒をふと手に撮ってみた。今は亡き父母の面影が偲ばれ、懐旧の情に堪えかね涙に暮れるばかりである」

 

ムムム…。泣

俳聖と呼ばれるだけあって、サスガ、松尾くん♪

 

あ、お気づきでしょうが、松尾くんとは芭蕉のことね。 

で、ネットで発見。「平成30年3月31日(土)をもって、芭蕉翁生家は改修工事のため一時閉館いたします。」

…ま、イイか。

 

 

史跡 芭蕉翁生家

三重県伊賀市上野赤坂町304

TEL: 0595-24-2711

Website: http://www.basho-bp.jp/

休館期間: 平成30年4月1日から平成32年3月31日まで(予定)←休館期間、長ッ!

 

 

 

しゃーない、松尾くんの別宅に行こう〜♪

芭蕉の門弟・服部土芳が、貞享5年(西暦1688)年3月4日に開いた蓑虫庵。

庵開きの祝いとして芭蕉翁が贈った句

「みのむしの 音を聞(きき)にこよ くさの庵」

f:id:hiroshionizuka:20180414023121j:plain

元・正門より。紛れもなく、芭蕉と同じ視点。

感涙。

 

f:id:hiroshionizuka:20180414023138j:plain

月見堂より。紛れもなく、芭蕉と同じ視座。

感無量。

 

 

有名すぎる句

「古池や 蛙(かはず)飛びこむ 水の音」

f:id:hiroshionizuka:20180415174918j:plain

 

ココ蓑虫庵は生家と同じく、芭蕉翁が帰郷した際住居とした建物。

現存していることが、キセキ。

 

佳き、風の香。

 

伊賀の方々のご尽力に、感服いたす!

 

 

蓑虫庵

三重県伊賀市上野西日南町1820

TEL: 0595-23-8921

Website: http://www.basho-bp.jp/

開館時間: 8:30〜16:30

休館日: 火曜日、12月29日〜1月3日

料金: 大人300円、小中高生100円

音楽の神に愛されているからこそ人は彼を「天才」と呼ぶのだろう

その天才の名は…

エド・シーラン。

 

2017年、世界で最もヒットしたアルバム「➗(DIVIDE)」を引っさげて、日本降臨!

f:id:hiroshionizuka:20180413011227j:image

昨秋、自転車事故により右手首・左肘骨折を負い延期した日本ツアーの振り替え公演。

よくぞ振り替えてくれました。過去、2度延期したあげく結局公演中止したヤツもいたなぁ。

 

f:id:hiroshionizuka:20180413011236j:image

これほどのアーティストなのに、日本公演は、大阪城ホール1回、日本武道館2回、計3日間しかないって…。

よくぞチケットとれたもんだ。鬼塚のチケット運、ジツはかなり良い。過去、最前列をゲットしたのが、ジャネット・ジャクソンレニー・クラヴィッツ小田和正葉加瀬太郎スター・ウォーズinコンサート・ワールドツアーなど。最前列だけあげてもこんだけあるんだからチケット運の良さは明々白々。うしろの方とかはじっことかは滅多にない。←自慢

 

f:id:hiroshionizuka:20180413011308j:image

19:00ジャスト開演ッ!

予定通りオンタイムだなんて、鬼塚の記憶を辿ればスティグくらいなもの。あ、イングリッシュマンだからか?外タレと言えば、2時間遅れてやっとはじめたツワモノもいたなぁ。

 

f:id:hiroshionizuka:20180413011319j:image

一曲目、Castle on the Hill♪

すでに会場のボルテージは最高潮ッ!

 

f:id:hiroshionizuka:20180413011338j:image

ステージ上は、アコギ抱えたエド、のみ!圧巻ッ!

 

f:id:hiroshionizuka:20180413011350j:image

グルーヴとメロウが織り成すステージに酔いしれる〜♪

スマホ、便利。笑

 

f:id:hiroshionizuka:20180413011415j:image

今回の席は、アリーナB2ブロック9列1番、ステージまで近くてクリアで想像していたより良い席でした〜♪

 

f:id:hiroshionizuka:20180413011425j:image

エドのインスタからの写真。https://www.instagram.com/p/Bhc9l_BlpJE/?taken-by=teddysphotos

この中に確実にいる鬼塚をさがせ!笑


4/11(水)@大阪城ホール

セトリ

Castle on the Hill
Eraser
The A Team
Don’t / New Man
Dive
Bloodstream
Happier
I'm A Mess
Tenerife Sea
Heats Don't Break Around Here
Galway Girl
Feeling Good / I See Fire
Photograph
Perfect
Nancy Mulligan
Thinkin Out Loud
Sing
アンコール
Shape of You
You Need Me, I Don't Need You

 

www.elle.co.jp

エド、やっぱ紛れもない「天才」! 

さようなら。

義父が他界した。

22年前に実の父を亡くしてから、

父として唯一の存在だった人をまた亡くしてしまった。

 

 

命日は、

3月19日。

奇しくも鬼塚の誕生日。

 

 

人は死して必ず「何か」を遺す。

その日を選んでくれたこと、

真摯に受け止めましたよ。

f:id:hiroshionizuka:20180401173836j:plain

自宅の庭に咲く義父が愛でた、

椿。

何気なく柩の上に。

 

 

通夜のこと。

椿の所以も何も知らない桃原寺ご住職、

曰く「受け止める 大地のありて 椿落つ」

 

 

感涙。

まさに大地然たる義父でした。

…自分は「大地」のようになれるのだろうか?

 

 

過去から未来に想いを馳せて自らを活かしきることこそが「供養」。

遺してくれたこと託されたことにただただ感謝して、

未来を創り続けます。

 

 

さようなら。

さようならの言葉の由来のようにこの世界にはいなくなってしまったのだから。

「別れがたいけれど、左様ならば仕方あるまい」。

 

 

さようなら。

遺された我々は、今この瞬間を大切に生きます。

ありがとう。

そろそろドコの壱岐焼酎がNo. 1かハッキリさせとこかー?(゚Д゚)y─フゥー~~

壱岐麦焼酎発祥の地です。

 

…って言うと、

「えぇーそうなの?」と驚かれることが多いのですが、

イヤ、コッチこそ、「えぇーっ知らんの?」ですよ。世界が認めた* のに日本人が認めていないというジジツ…


*⇩世界が認めた⇩

WTO世界貿易機関)は平成7年7月1日付で地理的表示を制定し全国で3地域を指定、壱岐焼酎がその1つに選ばれた。地理的表示とは酒類の確立した製法や品質、社会的評価を勘案し、原産地を特定して、世界的に保護しようとする制度。世界的に、ウイスキーはスコッチ、バーボン、ブランデーはコニャック、アルマニャック、ワインはボルドー、シャブリ、シャンパーニュ、焼酎は長崎県壱岐焼酎熊本県人吉地方の球磨焼酎沖縄県琉球泡盛が指定された。 

ikishouchu.com

https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/s170803_80.pdf

 

…ん、ちょっと待てよ。

知られてないってことは新たな価値を創り出す機会がまだまだあるってことやん!

人口2万7千人の島なのに酒蔵が七蔵もあって結局ドコの焼酎が美味いのか教えて欲しいというそこのあなたッ!

 

ならば、そろそろドコの壱岐焼酎がNo. 1かハッキリさせとこかー?(゚Д゚)y─フゥー~~

 

 

山の守酒造場(やまのもり)

f:id:hiroshionizuka:20180318232137j:image

壱岐の中で、最も古い蔵元です。ガツンとパンチが効いてます。

 

 

玄海酒造(げんかい)

f:id:hiroshionizuka:20180309000025j:image

ココは「壱岐ゴールド」が有名ですが、島の人は専ら「壱岐グリーン(通称:オリジナル)」です。島内で一番飲まれているイメージ。

 

 

猿川伊豆酒造(サルコー

f:id:hiroshionizuka:20180318232058j:image

新製品「長崎街道 ピュアホワイト」。コレが製品化されて壱岐で一番最初に飲んだ人、他ならぬ鬼塚なんです。ちょっと自慢。

 

 

重家酒造(おもや) 

f:id:hiroshionizuka:20180318235957j:image

最近は、幻の日本酒「横山五十」でも有名なココ。この「ちんぐ」の語源は韓国語「マブダチ」の意、なのでお土産にもイイですね。

 

 

壱岐の華(いきのはな)

f:id:hiroshionizuka:20180320152721j:plain

ココは、バラエティに富んだ商品構成が魅力です。

f:id:hiroshionizuka:20180401130322j:plain

その中でも、鉄人・坂井シェフ自らのご指名で誕生した「ラ・ロシェル限定嘉助」は、蔵元かレストランにしか置いてないので、お土産としてもおススメ。

 

 

壱岐の蔵酒造(いきのくら)

f:id:hiroshionizuka:20180319000007j:image

昨年、大センセーションをおこした「壱岐の島 エヴァンゲリオン限定ボトル」、壱岐文化ホールのネーミングライツ、面白すぎて親切すぎる蔵見学対応などなど、ガンガン攻めてます。

 

 

天の川酒造(あまのかわ)

f:id:hiroshionizuka:20180319000124j:image

コレ、スゴい写真ですよ!

何がスゴいかって、鬼塚が飲み屋に行ったら必ず麦焼酎の銘柄を尋くのが今や習慣なのですが、壱岐焼酎じゃなかったら絶対に注文しない。コレやると福岡にすらまだまだ浸透していないことがわかります。圧倒的に、大分産が占めています。

しかし、この「天の川」…飲んだのはなんと六本木!

思わず店主呼び出して、「ナゼに天の川?」と尋ねたら、酒屋の手配だそう。都内に10店舗以上展開している人気店に採用されているなんて…嬉しいなぁ。

スゴいでしょ?笑

 

 

結論。

壱岐焼酎は、七蔵どこも美味し!

 

 

それでも、無理にでもトップを決めるんなら…迷わずコレだッ!

f:id:hiroshionizuka:20180330205653j:image

壱岐のこころ職員&鬼塚アイコン オリジナルラベルの「オリジナル」。

 

愛すべき壱岐のこころ職員たちからの、退任プレゼントです。

勿体なくてまだ飲んでないけれど、間違いなくコレがNo. 1。

壱岐のこころ 2年半の日々に、深謝〜☆

 

こんなにもぞっこん壱岐LOVE♥な鬼塚が壱岐を離れる10の理由

壱岐って、超・ヤバいんです。

 

何がヤバいかって…

詳しくは、↓コチラ↓

hiroshionizuka.hatenablog.com

 

…ま、裏を返せば

ぞっこん壱岐LOVE♥

な鬼塚なんですが、この度、壱岐をちょっと離れることになってしまいまして。

ココでしか明かすことの出来ない、壱岐を離れる理由…その真実を暴露します!

 

 

 

1.太った…というか、浮腫んだ

f:id:hiroshionizuka:20180403212815j:plain

最強の壱州豆腐、およごし、だるま堂の高級食パンなどなど、鬼塚の主食たち。

食べ過ぎ…ではなく、主食たちにマッチしすぎる壱岐麦焼酎がモンダイ(汗)!

残業して深夜0時からの夕食(←この時間を夕食と言うかの議論は置いといて)にも欠かすことのできない、壱岐焼酎

だって、マリアージュ、だから。笑

f:id:hiroshionizuka:20180318232215j:plain

こんなに美味い麦焼酎の蔵元が島内に七蔵もあるなんて、反則。

そして翌朝、鏡の前にいるのは、醜く浮腫んだ中年オヤジです(汗)・・・・・。

 

 

 

2.肝臓にダメージを受けた…というか、浮腫んだ

 

そんな飲食生活な上に、飲み二ケーションが超・充実(汗)!

f:id:hiroshionizuka:20180405160030j:plain

職場!

f:id:hiroshionizuka:20180405160108j:plain

研修!

 

iKD4(壱岐ドラ)も果たして勉強会なのか飲み会なのか…それがモンダイだ(汗)!

f:id:hiroshionizuka:20180405160251j:plain

ロゴ!

f:id:hiroshionizuka:20180404010706j:plain

飲みドラ!

f:id:hiroshionizuka:20180404010352j:plain

飲みドラ!

f:id:hiroshionizuka:20180404010739j:plain

飲みドラ!

f:id:hiroshionizuka:20180405160432j:plain

飲みドラ!

f:id:hiroshionizuka:20180404010757j:plain

飲みドラ!

f:id:hiroshionizuka:20180404010822j:plain

SUNドラ!

って、飲んでばっかやん!汗

 

イヤしかし、美味いのよ!⇩コレが↓

hiroshionizuka.hatenablog.com

痛飲した翌朝に限らず、結局いつも浮腫んでいる初老の鬼塚(汗)・・・・・。

 

 

 

3.決して無駄に時間を過ごすことはなかった

f:id:hiroshionizuka:20180404015015j:plain

こんなに素晴らしい夕景を眺めるのも、写真に収める一瞬だけ。刻と彩の移ろいを愉しむヨユーはまったくなかったなぁ…。汗

 

 

 

4.心臓の弱い方はご注意ください

f:id:hiroshionizuka:20180404015301j:plain

鬼塚的には壱岐No.1スポット、名勝・鬼の足跡。

この写真、よくよくみると、怖さのあまり腰が抜けている某師匠が写ってます。笑

 

それにしても、毎月毎月、たくさんのゲストが壱岐を訪ねてくださいました。当初の目標、「交流人口増」は、達成〜♪

 

 

 

5.視力低下

f:id:hiroshionizuka:20180404020052j:plain

勝本港の、青!

f:id:hiroshionizuka:20180404015942j:plain

猿岩の、紫!

f:id:hiroshionizuka:20180405180538j:plain

半城湾の、緑!

f:id:hiroshionizuka:20180404015910j:plain

小牧崎公園の、破!

彩が鮮やかすぎて、マジ視力低下。え?老化ですと?…確かに(汗)・・・・・。

 

 

 

6.遭難しそうになる

f:id:hiroshionizuka:20180404020319j:plain

ただでさえ神秘的なのに霧に包まれてちょっとコワい、小島神社。

この日はヤバかった(汗)・・・・・。

 

 

 

7.もう疲れた…

f:id:hiroshionizuka:20180404020605j:plain

「共にゴールを目指しましょう 施設長」by王騎将軍

中華統一を目指して?恒例、壱岐の島新春マラソンを走りました。

f:id:hiroshionizuka:20180404020904j:plain

名作「奈緒子」の舞台は、壱岐

が、古傷の膝激痛に耐えられず、壱岐雄介のような激走はできず。もう疲れた…。



 

8.猿岩が…

f:id:hiroshionizuka:20180403212224j:plain

イヤ、猿じゃない(汗)・・・・・。

 

 

 

9.とにかく、やっぱりなんかヤバい 

f:id:hiroshionizuka:20180406023034j:plain

イヤ、見えんし(汗)・・・・・。

f:id:hiroshionizuka:20180406022231j:plain

オフィスから振り返るとこの夕日だなんて、ヤバいとしか言いようがない。

f:id:hiroshionizuka:20180406022431j:plain

お宝地蔵。お参りするとお金に困らなくなるという伝説が、ヤバい。

f:id:hiroshionizuka:20180406022815j:plain

整然と並んだ樽を見るだけで焼酎を飲みたくなるオレが、ヤバい。

f:id:hiroshionizuka:20180406021940j:plain

この規模でB'zやTUBEがコンサートやるのが、ヤバい。

f:id:hiroshionizuka:20180406021816j:plain

とてもじゃないが美味そうに見えないのに美味すぎる、およごし。

f:id:hiroshionizuka:20180406023200j:plain

やぶ椿。壱岐市の花木って知ってました?

f:id:hiroshionizuka:20180406021442j:plain

ん?笑

f:id:hiroshionizuka:20180406021243j:plain

不機嫌そうな、半城湾。だが、神々しい。

f:id:hiroshionizuka:20180406021537j:plain

何が一番ヤバいかって、コレかも?美味すぎる壱岐の銘菓・アルプス。

 


 

10.異動

f:id:hiroshionizuka:20180404011523j:plain

オフィスからの風景。壱岐と違い海や夕焼けは見えんけど観覧車や稲佐山は見えるばよ。

 

2018年4月1日付けで、新しい機会を仰せつかりました。

社会福祉法人壱心会 地域振興部部長
有料老人ホームこころのしろ 施設長

 

 

敬愛なる、長崎の皆さん♪ 壱岐の皆さん♪

ま、「壱岐を離れる」と言っても、壱岐市民であることは変わらず長崎へ出向する的なカンジでやっていきます。

しがないハーフ壱州人ですが、今後ともご教示ヨロシクお願いします〜☆

 

 

"The best way to predict your future is to create it."

ドラッカー教授曰く、

「未来を予測する最良の方法は、未来を創ることだ」